白山酒造組合のご紹介

 

白山酒造組合は白山市にある清酒の蔵元5社で構成されています。

 

白山市は霊峰白山を源流とする手取川の豊富な伏流水と加賀平野の良質な米を使用して製造した清酒の銘醸地として古くから知られております。

 

平成17年には国内初の地理的表示「白山」を取得し、こく豊かで品格のある清酒「白山菊酒」ブランドを展開してきました。

 

平成29年8月、従来の石川酒造組合から白山酒造組合に名称を変更するとともに改正された地理的表示制度に対応すべく白山菊酒呼称統制機構もGI白山清酒管理機構と名称を変更しました。

 

今後とも高品質の清酒を消費者にお届けできるよう組合員一同頑張りますので白山市の地酒をよろしくお願い申し上げます。

 

白山酒造組合 理事長 吉田隆一

 


組合員5蔵のご紹介(各蔵元へのリンク)


(五十音順)